書籍紹介ページ
 

 今まで読んだ本の中で、良いと思ったものを紹介させていただきます。


タイトルなど 紹介・感想など
トンデモ地方議員の問題

トンデモ地方議員の問題
著者:相川俊英
価格:1,080円(税込、送料込)

 号泣県議やLINE恐喝県議。
 同じような過ちをしない為には、有権者である市民が賢く選ばなければいけません。

 本書では、各地のお騒がせ議会の例を振り返りつつ、議員にはどんなタイプがいるのか。その特徴はどうか。どんなタイプを選んではいけないのか。その見分け方まで書かれています。

 また、緊張感ある議会にする為に動く市民の活動成功例、市民にとっては光明となるであろう議員の紹介、「議会&議員定数&議員報酬」に対する著者独自の提案なども収録されています。

 全ては本当の住民自治を築くために。


タイトルなど 紹介・感想など
【楽天ブックスならいつでも送料無料】世界から貧しさをなくす30の方法 [ 田中優 ]

世界から貧しさをなくす30の方法 [ 田中優 ]
価格:1,404円(税込、送料込)

 戦争とは無関係と思われる日本。
 しかし、実は戦争の根っこにある貧困を世界各地で引き起こし助長させている。

 本書で胸に刺さった言葉がある。
 「善意は自分を幸せにしますが、使い方を間違えれば相手を傷つける」

 ODAで貧しい国を更に貧しくさせていた。募金で貧しい人たちを救っていると思ったら、現地の人を苦しめていた。
 先進国で豊かに暮らしている私たちの影で、多くの人々が使い捨てられていた。

 私たちが知っていなくてはいけない事実と、私たちに出来ることを教えてくれる一冊です。


タイトルなど 紹介・感想など
「空気」の研究

「空気」の研究
著者:山本七平
価格:504円(税込、送料込)

 元々は1977年に出版されたものですが、今読んでもハッとさせられる一冊です。
 ここでいう「空気」とは、化学の空気ではなく、私たちが感じる「その場の雰囲気」などの空気です。
 例の一つに、「戦争や特攻を何故誰も止められなかったのか?」という問いがあります。
 当時の指揮官は「絶対に勝てない」と知っていたにもかかわらず、「やるより他はない」と口々に言いました。
 その理由は「やめよう」と言えない空気でした。

 小泉氏の郵政民営化も「空気」を巧みに作り出したといえます。「空気」を知ることで、世の中の出来事が少し違った視点で見れるようになります。

 
タイトルなど 紹介・感想など
 決して恵まれた財政ではなくても、自主自立の精神で「合併をしない宣言」をした矢祭町の政策・行動が記されています。

 「合併しない宣言」が、行政の意識改革・効率化を生みだし、住民サービスを維持したまま歳出を大幅に削減、新たな政策をも実施する。

 合併に頼った他自治体よりも百歩も二百歩も進んだ町政をしている一端に触れる事が出来るでしょう。
 安易な合併を考えてしまう前に、是非ご一読下さい。


タイトルなど 紹介・感想など
成人病の真実 [ 近藤誠 ]

成人病の真実 [ 近藤誠 ]
価格:626円(税込、送料込)

 日本では当たり前の健康診断。
 しかし、「健康診断で寿命が伸びる」というデータは無いという驚愕の事実。
 米国では「定期健診を唱道(=主張)されてはならない」という真逆の結論すら出ている。

 日本の医療は、血糖値や血圧も『根拠の無い数値(目安)』で診断し、病人を作り上げ、健康な人を薬漬けにし健康と寿命を脅かしているという。
 医療費が増え続ける理由はここにあるのかもしれない。

 インフルエンザの正しい対処の仕方など、今までの常識が覆される内容があります。

戻る